[つつじが丘ニュータウン エコプレミアムヴィレッジ]物件概要

 栃木県住宅供給公社の分譲地 [つつじが丘ニュータウン エコプレミアムヴィレッジ]

つつじが丘ニュータウン エコプレミアムヴィレッジは美しく豊かな環境を次世代につなぐエコシティとして、街全体で環境配慮に努め、この考え方を共有する人々が集うプレミアムな街づくりを目指します。

物件概要

所在地 栃木県矢板市乙畑字経堂地内   総区画数 286区画(エコプレミアムヴィレッジ 112区画)
交通 JR宇都宮線「片岡駅」から徒歩約10分   道路 4〜12m
開発面積 約16.5ha   施設 公園・エコプレミアムセンター・コミュニティーセンター
地目 宅地   上下水道 矢板市市営水道
用途地域 第一種低層住居専用地域・第一種住居地域及び未指定   電気 東京電力(株)
開発計画 「つつじが丘ニュータウン地区」地区計画   ガス LPGによる集中供給方式
建ぺい率 40%   ゴミ ゴミ集積所(定時定点収集方式)
容積率 60%      

 

つつじが丘ニュータウン エコプレミアムヴィレッジについての特記事項

  • 1.宅地の形状変更について
    宅地の地盤高の変更(他の場所から土を搬入し盛ること、又は、土を切り他の場所へ搬出すること〔建築基礎工事に係る土工事は除く。〕)及び供給処理施設の形状・位置の変更は、原則としてお認めできません。
    また、隣地に影響をおよぼすおそれのある、擁壁の設置・撤去等及び駐車スペースの拡張・位置変更等については、各種法冷等を遵守し、隣地所有者等と十分話し合いのうえ、お客さまの責任において行ってください。
    隣地の宅地譲渡契約者が決定する前に隣地境界部の擁壁が必要となる場合は、お客さまの責任及び負担において、ご契約いただいた宅地内に擁壁を設置していただくこととなりますので、あらかじめご承知おきください。
    なお、宅地内に新たに擁壁その他の構造物を設置する場合には、設計上十分配慮して安全な構造の物を設置してください。
  • 2 建築物の基礎構造について
    建築物の基礎構造は、建築物の構造、形態及び地盤の状況 に応じて定められ、地盤に対する措置(更なる補強等)が併用(※)されることもあります。この場合には、地盤に対する措置に要する費用のご負担が、宅地購入者に発生することになります。
    建築物の基礎構造については、住宅建設業者等の建築士が地盤調査を行い、布基礎、べた基礎、杭基礎等のうち建築物の構造に適合するものを定めることとされています(建築基準法施行令第38条、第93条)。
    宅地購入者におかれましては、住宅建設業者等との建築請負契約の締結に際して、あらかじめ住宅建設業者等の建築士に住宅設計のための地盤調査をご依頼のうえ、建築物の基礎構造及び必要な工事等の費用をご確認ください。
    ※ご注意 建築物の基礎を布基礎又はべた基礎とする場合でも、地盤に対する措置費用が必要となることがあります。宅地購入者が依頼なさる住宅建設業者等の建築士とあらかじめよくご相談ください。
  • 3 上下水道について
    当団地の上下水道は、矢板市の上下水道となっておりますので、工事については、市の条例に基づき、矢板市公認工事店により行ってください。上下水道加入金は、直接矢板市に支払っていただきます。
  • 4 ガスについて
    ガスはLPGによる集中供給方式により各宅地内に供給されるようになっております。
    お問い合わせは (株)スミスケ TEL.0287-43-0220
  • 5 電柱について
    一部の宅地内にすでに設置又は設置が予定されている電柱・ 支線等については、撤去・設置位置等の変更等は認められません。又、通常の電柱とはちがい、トランス設置が多くなると共に支線も追加設置される場合もありますのであらかじめご了承ください。
  • 6 かき又はさくの構造
    当地区においてのかき又はさくの構造は、つつじが丘ニュータウン地区地区計画の「かき又はさくの構造の制限」によります。
  • 7 ゴミの収集について
    当団地のごみ収集は、定時定点収集方式となっておりますので、将来、自治会の判断等により新設や位置が変更される可能性があります。
  • 8 日照等について
    法令による審査に合格した建築物等についても、日照等に関して争いがおこることがありますが、これらは当事者間で解決していただくことであり、公社としては調停、あっせん等を一切行いませんのでご承知おきください。
  • 9 騒音等について
    当地区については、今後も引き続いて宅地造成工事及び住宅・施設の建築工事等が施工されます。このため、騒音、振動、土ほこり等の発生、工事用車両の通行等でご迷惑をおかけいたしますが、ご協力をお願いいたします。
  • 10 標識等について
    今後必要に応じて道路上に道路標識、横断歩道、信号、消火栓標識、街路灯等が新設される場合があります。
  • 11 防犯灯について
    一部の宅地内に設置されている電柱には、今後新たに防犯灯が共架される場合や、防犯灯のない宅地に新たに防犯灯が設置される場合があります。
    なお、防犯灯の設置及び管理は、居住者の皆さまに共同で行っていただきます。
  • 12 公立小・中学校の通学区域について
    公立小・中学校の通学区域は、矢板市立乙畑小学校、矢板市立片岡中学校となっております。詳細につきましては、下記までお問い合わせください。
    ◎矢板市教育委員会(学校教育課)TEL.0287-43-6217
  • 13 発生土処理費用の負担について
    宅地購入者の工事により発生する建設発生土(泥土含む。)については、全てお客さまの負担において処理していただきます。
  • 14 太陽光発電の設置について
    設置するにあたり発電設備の集中連系に伴う諸問題について、東京電力と詳細の確認事項がございますのでご承知おきください。
  • このページのトップへ